>

歯本来の美しさを取り戻す

着色汚れを根本から

歯の着色汚れは、様々な原因から生じてしまうものですが、それを落とすとなるとかなり配慮が必要となるものです。歯はとても繊細なもので、ちょっとした傷からでも着色汚れが生じてしまう可能性のあるもの。手間や時間を惜しみ、慣れないなかでセルフホワイトニングする場合には、こうした傷を生じさせないように配慮する必要があります。
力を入れず、しっかりと着色汚れを落とす。そうなると大変な労力と、繊細な技術をもって根気強く継続する必要があります。しかもセルフホワイトニングの研磨剤は表面のステインは除去できても、根本から着色汚れを落とすのはほぼ難しいところでもあるのです。
歯医者さんで着色汚れを落とす場合には、歯の状態を確認し、歯への負担を軽減しつつ、着色汚れの根本的な問題を把握してから除去してくれます。

お口全体の美しさにも効果的

歯の状態を確認しつつ、着色汚れの根本から原因を解決することは、歯の本来の状態を維持しつつ、傷をつけずにホワイトニングができるということ。つまり歯の美しさを保つのに大変効果的な方法と言えます。
原因を踏まえつつホワイトニングを行うことで、お口全体の美しさを保つことができます。例えば前歯の着色汚れが気になるという場合、その対象となる前歯だけが着色汚れが付いているのではありません。見えないところも着色汚れが生じている可能性があります。セルフホワイトニングなどでは、見えるところを中心に除去に力を入れてしまいがちですが、歯医者さんは見えない部分もしっかりと除去してくれます。
自分から見えない部位でも、他人には見えるところもあるもの。こうしてお口全体の美しさを保つためにも歯医者さんはオススメといえます。


この記事をシェアする