>

着色汚れの落とし方は様々に

着色汚れが気になると笑えない

歯の着色汚れは、様々な理由によって生じてしまいます。例えば食べ物の付着物。一般的にステインと呼ばれるもので、ワインやコーヒーなどによって着色汚れを感じるケースです。またタバコのヤニ、加齢に伴って生じる黄ばみなども着色汚れを引き起こす原因とされています。
普段から歯磨きやケアを行っていても、少しずつ黄ばんでしまう着色汚れは、気になると人と話をするとき、笑顔になるときにも気になってお口を開けることを躊躇してしまいます。ホームケアでホワイトニングする場合もありますが、それでも劇的な効果を感じないという方もおられるでしょう。着色汚れが深いのか、それとも体質なのか。
しかしこうした場合でも諦める必要はありません。しつこい着色汚れでも歯医者さんでの施術でしっかり落とすことは可能なのです。

歯医者さんなら頼りになるそのワケは

歯の着色汚れを落とすとき、どうして歯医者さんはしっかりと落とせるのか。端的に説明してしまうと、歯医者さんにしか使用できない液剤を使用しているからです。専門の知識を持つ有資格者のみが使える液剤は、強い性質を持つため、歯医者さんでしか扱えません。
つまりサロンなどでも着色汚れを行っていますが、それよりも強力なホワイトニング効果をもつ液剤を使用できるのが歯医者さんということなのです。
歯の周辺はとてもデリケートです。歯茎は外皮のない皮膚のようなもの。強い液剤の影響で傷ついてしまうおそれがあり、専門家の腕が必要となります。
セルフホワイトニングなどとは比べ物にならない、そんな液剤を使用できるからこそ、歯医者さんでの着色汚れは効果が高く、様々な方法で着色汚れが落ちないと諦めていた方にも最適な方法といえるのです。


この記事をシェアする